10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

町を歩くとき 

北海道。
どちらかと言えばアクアリウムには少し不自由な思いをするかもしれない。いい店が無いわけではない。
ただ、インターネットや他の有名な店に比べても見劣りしない質の良い店というと、私の知る限りでは無いだろう。

だが、機材などが安い店はあった。値引きにも応じてくれる、今では珍しい昭和気質の親父が店主だった。
他の店で買うととてつもない金額になるものの、半額や破格な値段で売ってくれたため金無しの私には嬉しい店であり、どこか秘密にしていたくなるような、そんな店であった。
この前、久しぶりにそこを訪ねてみようと思ったものの、去年閉店したことが行く前にサイトを調べてわかった。
(わかる人はわかると思う)

それでも、店のある町に用事があったため冬でありながらその町を歩いた平日のこと。
痛切に感じたのは二、三年前に町を訪ねたときより、シャッターが降りている店が目立ったこと。テナント募集の広告が張られている空き家が酷く見られた。

「寂しい町になってしまったな」

そう思って歩いていると、店の跡地まで歩いてきてしまっていた。
車道を挟んで見てみると、窓から見えた大量の水槽はもう無い。入り口から見えた怪しい水槽の光も、一切見えない。周りと同じ、シャッターが降りていてテナント募集の広告が張られている。

そこで、寂しい気持ちになってしまったわけであるが、同時に時間というのも感じてしまった。
時とともに町は変わるのだなぁ……と。

たまには真面目に更新してみる。
スポンサーサイト

テーマ: 熱帯魚

ジャンル: ペット

[edit]

« 覚醒!! 欲望は果てしなく……。  |  サボッていたわけじゃない。 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://senegarusu.blog36.fc2.com/tb.php/470-d0f3e2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。